↓↓MataTrader4対応なら↓↓















2007年11月18日

MetaTrader4の使い方・設定方法(2)

使い方・設定方法の第二弾となります。

meta5.jpg

追加表示したい通貨ペアを右クリックし「チャート表示」を選択すると新たにチャートが追加されます。
また「通貨ペア名」をチャート上にドラッグ&ドロップするとチャートは追加されずに通貨ペアが変更されます。
(インジケーターも元のままで通貨ペアのみ変更となります)




banner_02.gifにほんブログ村 為替ブログへ

  ↑ 1日1回応援してください ↑ ご協力ください ↑


同一内にインジケーターを複数表示する場合は、
「ナビゲーター」内「Custom Indicator」より複数表示したいインジケーター名を既に表示しているインジケーター内にドラッグ&ドロップしてください。
(違うインジケーターでも同じインジケーターでも複数表示できます)

「挿入」よりインジケーター表示の場合には、別枠へ表示されます。
(チャート内に表示されるものは、チャート上に複数表示されます)

表示したインジケーターを消す場合は、インジケーター表示内で右クリックし「サブウィンドウを削除」や「表示中の罫線分析ツール」から削除を選択してください。

通貨ペアを追加した場合は、チャートの一番下にタブで表示されすぐに表示を切り替えすることが出来ます。
同じ通貨ペアで時間足を変え追加表示も出来ます。
今、表示したものだけを今後も見るのであれば「通貨ペア」上で右クリックし「通貨ペア数の最小化」を選択すれば他の通貨ペアは「気配値表示」に表示されません。

meta6.jpg

インジケーターの変更について説明します。

インジケーターを表示する際に上の画像のように確認窓が出てきます。
ここで色や期間などの設定が出来ます。
既に表示してあるものを変更したい場合には、チャート上で右クリックし「表示中の罫線分析ツール」からインジケーター名を選択し「編集」から同じ作業が出来ます。

インジケーターにより「パラメーターの入力」が無いものや複数設定が出来るものなどインジケーターによりますのでお気に入りのものを見つけどんどん変更してください。

この「パラメーターの入力」にて期間を変更しても、表示しているものが変更されているだけでファイル自体は初期値のままです。
安心して変更してください。
変更すると新たな発見があるかもしれません。

meta7.jpg

複数インジケーターを同一ウィンドウに表示した場合の注意点

特にオシレーター系などに注意しないといけないのがレベルを固定しないと複数同時表示ではズレが生じて見にくい表示になってしまうことがあります。

インジケーターによりそれぞれ表示レベルが違います。
複数を同時表示の場合に、あるインジケーターは上ばかりに表示され、違うものは下ばかりにとなります。
中心を同一線上にするために下限設定・上限設定を固定します。

その場合は、上の画像ように固定してください。
ここでは、−1.1と1.1しましたが1.0でも特に問題ありません。

この方法でもうまく表示が見えない場合は、同時に表示しないほうが良いとなります。

この複数表示した組合わせは保存することが出来ます。

保存方法は⇒tplファイルの活用

インジケーターの保存場所は⇒こちら

を参考にしてください。

MetaTrader4の使い方・設定方法(3)へ続く

[お願い]

時間がございましたら下記より「資料請求」をお願いいたします。

[PR]豊証券の外国為替証拠金取引「ゆたかFX」手数料0円!!

[PR]月間取引高No.1の【外為オンライン by(株)新日本通商】

[PR]【注目情報】『くりっく365』始めるなら今!ばんせい証券へ!!








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。