↓↓MataTrader4対応なら↓↓















2005年07月10日

円高?円安?って

初めての人が理解しにくいのが「円高」と「円安」という言葉かもしれませんね。

では、問題です。
1ドルが105円から100円に進んだ場合、これは「円高」でしょうか? それとも「円安」でしょうか?
「円の値段少なくなったので「円安」じゃないか?」とお思いの人もいるでしょうがが、答えは「円高」です。

なぜかというとアメリカ人の立場で考えてみたほうがわかりやすいでしょう。
1ドル=105円だったものが1ドル=100円になるということは、アメリカ人が1ドルで売っている商品を日本へ売った場合に105円を受け取れていた商品が、同じ1ドルで100円しか受け取ることができなくなったということです。アメリカ人は1ドル=105円の時より5円少ない利益になってしまいました。(円高ドル安)
逆に1ドル=105円だったものが1ドル=110円になった場合は、先ほどの逆でアメリカ人は5円多い利益になります。(円安ドル高)
これを日本人にあてはめると理解していただけるものと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。