↓↓MataTrader4対応なら↓↓















2005年07月10日

為替は、なぜ変動するのか?

外国為替相場は、さまざまな理由で常に変動しています。商品の値段は、少なくなれば高くなりたくさん供給されれば安くなるという仕組みになっています。
これは需要と供給のもとに商品の値段が成り立っているからです。
通貨に関しても同じです。その国の通貨が足りなくと思えば買っておいたほうが得だから買う人が増え、その国の通貨の価値が上がります。
景気・金利・物価などの経済状態の変化が挙げられます。
各国のGDP、政策金利の利上げ・利下げ、貿易収支、失業率、消費者物価指数などさまざまな発表などにもより通貨を売買されています。
為替相場は人が動かすものですから、取引する人々の主観や相場に対する考え方が為替レートとして現れます。
ですので絶対に今日は、上がる(または、下がる)というものではありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。