↓↓MataTrader4対応なら↓↓















2006年11月19日

自動売買システムの問題点

     投資ブログランキング

自動売買が出来るのだからパソコンの電源を入れてシステムを起動しておけばもちろん完全自動取引は可能です。
しかしいろいろな問題点があります。

FXは、もちろん日本時間で月曜日の朝から土曜日の朝までマーケットが動いています。
「パソコンよ、がんばれ!」と正直思った時期もありましたがやはり・・・

問題点は、
VTのサーバー落ち、取引レート変更、プロバイダーメンテナンス、パソコンのフリーズなど・・・

米国の大きな経済指標があり大きくレート動く時は、やはりかなりのリスクが発生します。
新規ポジションが持てない時ならばまだいいのですがシグナルが反転し決済したい時に問題点のような理由で決済が出来ない場合が発生します。

気がついたときには・・・となる可能性があります。
いろいろ自動売買システムをダウンロードしてシグナルを見るのがいいのかも。

vttrsファイル、vtscrファイルともにいえることですが時間足通貨ペアにより相性があるのでいろんな時間足であったり通貨ペア・日足・週足なども注意深くみることも大切になってきます。

またVTは土日がメンテナンスでログイン出来ないことが多いのでオフラインで見るか平日に作業することになるでしょう。

システムトレーダーへの道は、続く

Visual Tradingシステムは、CMS 日本支店
ダウンロードしてください。





↓トレーダーのポジションを確認↓

banner_02.gif80-15-1.gif

  ↑ 1日1回応援してください ↑ ご協力ください ↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。